猫でもわかるFOMC: 攻撃的FXで月100万円GET!

2008年06月27日

来た〜!クロス円調整

今日は久久に歯医者にいき

雪音姉
「先生って35歳くらいですか??」

W先生
「えっ、まだ29歳ですけど・・・」

まあ。お若いのね。残念(何がって)。
35歳は私サイドの希望値ですわ。
私も知らず知らず不躾なことをしているような・・・

先生はいかにもビジネスマンらしいパンツスーツ姿の雪音姉に

「お仕事頑張ってくださいね。」

と優しく励ましてくれました。

こんなことを書いている場合じゃないですの。


ついにきましたね。

クロス円の調整が!!


下落下落・・・
NYダウが約200ドルも下がり
米新規失業保険申請件数や
クライスラーが破産申請をした噂などが
きっかけになったのでしょう。



原油価格が上昇すると米ドルは売られる運命!
(NHKの番組でやってました)
いまのところ原油価格が下がる要因はないので
米ドルは長期的に円高が続くことになります。



円安の極みに到達したユーロ円も気持ちよく下げております。

いくらなんでも170円は行くはずもなし。
ですが
ショートポジを取るパワーがございませぬ。
傍観。。。。


営業の仕事をしていると営業戦略が46時中頭から離れず
今まで全く使わなかった神経を使うためか
FXに神経を使う余裕がないのでした。

職業選択のミスでしょうか。。。
つまり
1日に使える神経の量は限られている
ようなのでございます。

このチャンスに何をやっているのでしょう。

ついにドル円106円台突入。

クロス円全体が気持ちよく下げておりますが
最近取ったロングポジションがないので
心は平安で泰平で

もしFX初心者がキャーッと騒いでいたら

「太陽が東から昇るようなことですわ。」

と諭したい気分ですの。



========================

08年6月25日
【FOMC声明文のサマリー】
・一部家計消費支出の上昇を反映して全体的な経済活動は拡大が続いている
・労働市場は緩和
・金融市場は大きなストレスが残っている
・成長の下振れリスクは残るものの、インフレ及びインフレ期待は上昇
・経済、金融情勢を監視し続け、安定的な経済成長とインフレを達成するため
 に必要なら行動を取る

byマネスク

=========================


相変わらずFOMC声明は解りにくいですが
まだリスクは続いているということですのね。

ぼう然と神経疲労している間に
南緒さまは{FX革命}を出版され ⇒ http://naotrading.jp/
一世を風靡し、多くのトレーダーに影響を与えた
E−BOOKは販売終了しておりました。

このところ気になるのはこれでございます。

『南ア・ランドで99%≪完全不労所得≫』一日最大5分の作業で資産3200%増!!


小資金トレーダーが資金を増やすにはランドが早いですもの。
13円割れたら買いに行きます♪


ぼーっとしているうちにバナーもリンク先も変っていました。

FXランキング



posted by 雪音姉(ゆきねえ) at 03:13| Comment(6) | TrackBack(0) | 猫でもわかるFOMC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

アメリカ政策金利の推移

アメリカ政策金利の推移

2008年3月18日でアメリカ の政策金利(F.F金利)は6回連続で下げています。
●Federal Fund (F.F金利)
2.25% -0.50%  改正前3.00% 

●Discount Rate (公定歩合)
2.75% -0.25% 改正前3.25%

これを表にして見ます。

ですが以前と同じく雪音姉がテーブルを作ると
なぜか
前に大きな空白が開いてしまうのです。

申し訳ございませんが
スクロールしてくださいませ。決して冗談ではございませぬ。




不思議ですが
これが嫌で表作成を避けてきたのでございます。

FOMC(連邦公開市場委員会)はアメリカの中央銀行であるFRB(米連邦準備制度理事会)が
約6週間ごとに年8回、毎週火曜日(2日間の場合は火・水)に開催しますが
1月と3月は2度も下げました。アメリカの金融市場がいかに崩壊の危機であるかが伺えます。
4月は29日ですから載せるのはまだ早いような気も致しますが
連続で下げていくのを見てドル買いのリスクを感じていただければ幸いでございます。



↓まだまだ





































































開催日F.Fレート公定歩合テーマ
2007年8月17日 5.25% 5.75%緊急利下げ.サブプライムローン問題.FRBの資金供給
2007年9月18日4.75%5.25% サブプライム金融不安に歯止め
2007年10月30・31日 4.50% 5.00%サブプライム問題(追加利下げ)
2007年12月11日 4.25% 4.75%サブプライム問題(追加利下げ)
2008年1月22日3.50%4.00%緊急利下げ.サブプライム問題   景気悪化回避
2008年1月29・30日 3.00% 3.50%サブプライム問題(追加利下げ)
2008年3月16日 3.00% 3.25%緊急利下げ.サブプライム問題  
2008年3月18日 2.25% 2.50%金融・資本市場の安定  
4月29・30日
6月24・25日


お疲れ様でございました。
posted by 雪音姉(ゆきねえ) at 19:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫でもわかるFOMC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

FOMCの反応パターン1:失望売り


米FOMC (米連邦公開市場委員会)のレートアナウンスは
日本時間19日3:15でしたが
雪音姉は普通に起きている時間なので
しっかりチャートを見ていました。

ポン円でいうと2円以上、ドル円は1%以上一気に下がりました。
それは
市場予想が100bpだったのに反し利75bpに止めた失望感から
ということらしいですが
ダウ平均がまもなく300ドル高を回復したために
ドル円やクロス円への買いが再燃しました。

又すぐに上昇トレンドに戻り、更なる高みへ〜〜〜
行き過ぎじゃないの〜〜

市場が本当に1円も利下げすると思っていたのかは疑問です。
少なくとも雪音姉はそんなに下がらないと思っていました。

異常な上昇で乗るのをためらいました。
このごろ
乗れない性格になってます。
賢くなってきたのかもしれません。(爆)

上がるだけあがったあとは
今日は下降トレンドでしたが
先ほど
ゴールドマン・サックスのオニール氏が
(ドル安を止めようとしてと想像されますが)

「投資家は介入のリスクを意識すべき」

と発表して

しっかり反応させました。売りからまた上昇トレンドに。

昨日ロングポジを取るのを躊躇して
今日低いところ(197ミドルですが)でポン円をロング。
利が乗れば早めに手放す予定です。

当面レンジの予想にて。

ブログ王ランキング
posted by 雪音姉(ゆきねえ) at 21:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 猫でもわかるFOMC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

FOMC過去データ


収益率1715%を記録した!毎週1分のワンミニッツトレードシステム【FXドル円投資システム】
(システムロジック完全公開&サポート無制限版)


1月30日にFOMC(Federal Open Market Committee)がありますが
これは
世界中から最も注目される会合です。

世界の基軸通貨である米ドルのFF金利や景気判断について話し合うからです。
6週間ごとの火曜日と決まってますので年8回あります。

==================
FOMC(連邦公開市場委員会)2007

開催日    FF金利  米ドル/円  備考

2007年12月11日 4.25%  110.64  利下げ

2007年10月31日 4.50%  115.43 利下げ

2007年9月18日 4.75%  116.07 利下げ

2007年8月7日 5.25%  118.83 据え置き

2007年6月28日 5.25%  123.21 据え置き

2007年5月9日 5.25%  120.10 据え置き

2007年3月21日 5.25%  117.55 据え置き

2007年1月31日 5.25%  120.67 据え置き
===================



で、今度はやはり利下げ濃厚??

FOMC前にドル円は105円割れする
などと暗いニュースを見て

いよいよ100円割れも現実化するのか???


為替をしない人たちの間でも
「ドル円100円割れるんでしょ」

なんていう会話が飛び交ってます。

福田総理に円売りの介入という考えはないのかどうか
トヨタの社員が過労死してもいいのか(サービス残業がひどいらしい)
お伺いしたい雪音姉です。

こんな時期にパソコンを離れるのは不安ですが
もう観念して・・・・

損切りしか道がないようです。
うるうる(;ー;)


ポジが全部飛ぶよりはましでしょう。

サラ式ポン円ショート利益みごとに出てますね。

動画解説付Sarahの超シンプル♪システムトレード♪


ページランクが一番高いのは

くつろぐブログランキング

見やすくなった
投資ランキング
外国為替FXブログランキング
なんとなく好き

為替証拠金ブログランキング




多彩な高金利通貨・有利なスワップ「DRAGON FX 24」
posted by 雪音姉(ゆきねえ) at 11:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 猫でもわかるFOMC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

12月のFOMCらしく派手

激しい動きでしたね。
FOMCであんなに動いたのは久々です。

昨日はプレミアム会員サイト の「スペシャルトレードリアルタイム配信」のサインにしたがって
ポン円をショートしていたら330ピプス抜けましたね。

単位も合わせれば660ピプスでした〜♪
デイトレーダーは隙がないですね。
同じとこで乗れずすぐ手放した(`Д´)」。
素直な方にお薦めです。

雪音姉50大特典プレゼント中〜

年末は犯罪が増えますが
婦女子のバック強盗とか強盗殺人とかそういう力づくの犯罪ではなくて
綺麗に3億円さらうような
ああいう盗みならニュースを見ていても気持ちがいいんですけど。

ガソリンや灯油ドロボウのニュース
誰も傷つかないのでいいのですが

普通の人が思い余ってという点では
新たに犯罪者を増やしているこの原油高は国レベルで何とかしないと
寒冷地の人は死活問題ですね。


節約してどうにかなるような値上がりじゃないですから。

今年岩手に行ったときタクシーの運転手さんが
家の中のコップの水が凍ると言っていたので。。。

氷点下の家を暖めるのは大変そうです。

ところで犯罪率が一番高い県は


大阪です。(納得)

2番が京都で3番が愛知4番が兵庫5番が福岡

東京は6番でした。


犯罪率ファイル→http://www.pref.shiga.jp/c/anzen/data/files/2007kenbunpu.pdf

好きなランキング→FC2 Blog Ranking

ところでFOMCなのですが
もう織り込み済みなので大して動かないだろうと思っていたら
大間違い!!!

公定歩合25bp下げを嫌気してダウが200ドル安の急落でクロス円全面円高に。

ダウがなぜ嫌気なのかというと
市場は50bpの利下げを期待していたからだそう。

まあ12月なので
このくらいの激しさは当たり前ですわね。
12月は瀧のように落ちるチャートを覚悟しないと!
ファンドがクリスマス休暇前に一稼ぎみたいな。(根拠なし)


格付けの高いはずの米大手金融グループのCITYがサブプライムの損失額を2兆円と発表したことで
他の銀行がまた次々追加損失などを公表し出したら
またドルは売られて110円割れになるかもしれないと想像していたので

下げることはわかっていたのに
せっかく16.7まできたランド円をリカクせず
又含み損を抱えることに。

さっさと手放していれば16.30で買えたのに。
売ることも出来たのに・・・

トレードはシャープさが必要ね。
で、この絶好の買い場に買いますか?
ドル円110.70
ポン円225.40ですが。

いつも暗〜いテーマ選り好みしてお届けしています(笑)
悲しげな旋律の曲とかブルーなものに心惹かれるので。
ビジネスには借金とか倒産とか暗い話が付きまとうもの。
次号は自殺について・・・
ヨーロピアンテイストなメルマガ
攻撃的FXで年収1千万円GETしましょ♪
http://blog.mag2.com/m/log/0000202578/
posted by 雪音姉(ゆきねえ) at 09:15| Comment(6) | TrackBack(0) | 猫でもわかるFOMC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

FOMC発表後ドル全面安!

米連邦公開市場委員会(FOMC)による25bp利下げの後、
ユーロドルは1.4500ドルを突破し、
一時1.4508ドルと史上最高値を更新した。
ポンドドルも、一時2.0823ドルと32年ぶりの2.08ドル台を示現。
豪ドル/ドルも一時0.9338ドルと、23年ぶりの高値水準に達した。
ドル/加ドルに至っては一時0.9458加ドルと50年ぶりの安値水準の0.9500加ドルから、
さらに切り下げた。
なおドル円は115円割れは一時的となり、すぐに大台へ戻した。


為替証拠金ブログランキング



10月31日に公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)声明文の内容全文は、以下のとおり。
+++++++++++++++++++++++

 FOMCは10月31日、フェデラル・ファンド(FF)金利誘導目標を25bp引き下げ4.50%に設定することを決定した。経済成長は第3四半期において堅調(solid)で、金融市場での混乱はいくらか緩和した。しかしながら、経済成長のペースは住宅市場の調整拡大を反映し、近い将来鈍化する可能性がある。本日は9月の決定と合わせ、金融市場の混乱を受け発生した経済全体へのマイナスの影響を未然に防ぎ、長期的に緩やかな経済成長を促進させるため、行動した。

 コア・インフレ指標は今年、足もと数ヶ月の間で緩やかに改善(improved modestly)したが、エネルギーとコモディティ価格の上昇が、他の理由と合わせ新たにインフレ圧力を強める可能性がある。こうした状況に則して、委員会はいくらかのインフレ圧力が残ってると判断し、インフレ動向を注視し続けていく(will continue to monitor inflation developments carefully)。

 委員会は今回の行動を受け、インフレの上方リスクは景気の下方リスクと概して均衡と判断する(the upside risks to inflation roughly balance the downside risks to growth)委員会は経済見通しにおける金融市場と他の動向について評価をし続け、物価安定と持続的な成長のために必要とあれば、行動する。

前回のFOMC以降、金融市場の動向は経済見通しに不透明性を増した(increased the uncertainty)。委員会はこれらの効果やその他の経済見通し動向を評価し続け、そして物価安定と持続的な成長促進のため必要とあれば行動していく(continue to assess the effects of these and other developments on economic prospects and will act as needed to foster price stability and sustainable economic growth)。今回の決定は9対1で、カンザスシティ連銀のホーニング総裁が据え置き票を投じた。

 なおこれらの行動に合わせ、委員会は全会一致で公定歩合を25bp引き下げ5.00%に設定することを決定した。今回の決定に際し、委員会はニューヨーク、リッチモンド、アトランタ、シカゴ、セントルイス、サンフランシスコと12地区連銀中6連銀が提出した公定歩合引き下げ要請を受け入れた。
+++++++++++++++++++++++

この前下げたばかりですが・・・

FC2 Blog RankingへGO〜

11/01 04:20 主要各国の政策金利10/31現在政策金利の水準 前回政策変更と日付 次回会合予定日 (1bp=0.01%)

日本 0.50% 前回25bp利上げ 2/20−21 次回 11/12−13
米国 4.50% 前回50bp利下げ 10/30−31 次回 12/11
欧州 4.00% 前回25bp利上げ 6/6 次回 11/8

英国 5.75% 前回25bp利上げ 7/4−5 次回 11/7−8
スイス 2.25−3.25%(中心値2.75%)前回25bp利上げ 9/13 次回 12/13 
カナダ 4.50% 前回25bp利上げ 7/10 次回 12/4

オーストラリア 6.50% 前回25bp利上げ 8/8 次回 11/6−7 
ニュージーランド 8.25% 前回25bp利上げ 7/26 次回 12/6

11/01 04:10 高金利・エマージング各国の政策金利

スウェーデン 4.00% 前回25bp利上げ 10/30 次回 12/19
ノルウェー 5.00% 前回25bp利上げ 9/26 次回 12/12 
ブラジル 11.25% 前回25bp利下げ 9/4−5 次回 12/4−5
メキシコ 7.50% 前回25bp利上げ 10/26 次回 11/23
チリ 5.75% 前回25bp利上げ 9/13 次回 11/13

南アフリカ 10.50% 前回50bp利上げ 10/11 次回 12/6

ハンガリー 7.50% 前回25bp利上げ 10/29 次回 11/26
ポーランド 4.75% 前回25bp利上げ 8/29 次回 11/28
チェコ 3.25% 前回25bp利上げ 8/30 次回 11/29
アイスランド 13.30% 前回25bp利上げ 06/12/21 次回 11/1

(出所.各国中央銀行)

トルコリラが載ってません。16.75%ですね。
posted by 雪音姉(ゆきねえ) at 06:25| Comment(3) | TrackBack(0) | 猫でもわかるFOMC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

FOMC議事録の内容で・・・

昨日は急に下げてどこまで下がるのか読めなかったので
深いところで損切りしてしまい
典型的「利小損大」トレードになってしまいました。

結局回復して無駄な損切りになってしまったのですが
その理由はこんなことでした。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
NY時間は、
ドル軟調。朝方から50bpの利下げを決定した
9月18日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録公表を控え
ドル売りが優勢。


FOMC議事録で大幅利下げが全会一致の決定だったと
確認しダウが史上最高値を更新すると、
クロス円が上昇。クロス円に持ち上げられ、
ユーロなど円以外の主要通貨は対ドルで買われる展開。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
***************************

FOMC議事録の内容は

 米連邦準備理事会(FRB)が9日公表した9月18日の連邦公開市場委員会(FOMC)議事録によると、
50ベーシスポイント(bp)の利下げは、
 クレジット市場の混乱や住宅市場の低迷の経済全般への波及を避けるために必要と
 判断され、全委員がこれを支持した。

「経済への一部悪影響を未然に防ぐことを支援し、
 今回の会合での50bpの引き下げは最も賢明な方策であることで 全委員が一致した」
  としている。
 議事録によると、市場が予想していた25bpの利下げは議論されなかった。
                  
 FOMCでは、フェデラルファンド(FF)金利を大幅に引き下げることで
金融市場の収縮が経済に及ぼす影響を相殺する一助となると判断された。

 こうした措置を講じなければ、
住宅ローン問題を発端とする信用収縮や住宅市場の一段の悪化が、
企業活動や雇用の「著しい低迷」につながることが懸念された。
また信用収縮の中、金融市場の混乱が拡大し、
経済活動が一段と冷え込む可能性があると判断した。
                [ワシントン 9日 ロイター]
*****************************

全員一致だとクロス円がなぜ上がるのか
そういう読みができればいいのですが

こういう議事録の内容でチャートの予想は雪音姉には無理だから
動き始めたチャートに乗るだけですわ。

戻りは真夜中で薄利で決済して眠ってしまったので
朝、ラストの戻りにちょっと乗って
昨日の損切り分の半分取り返しました。

◆ニュース

トルコリラのスワップが高いことで知られるFX-navi オンライントレードが証拠金率を引き下げて
今までの2倍のお取引ができるようになりました。

***************************

FX-naviオンライントレード証拠金比率の変更について

拝啓 秋冷の候、時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜わり、厚く御礼申し上げます。
さて、お客様のご要望によりFX-naviオンライントレードの
証拠金比率を
平成19年10月10日より変更致します。
変更作業の終了は、平成19年10月10日、11:00AMを予定しております。
FX-naviメインのメジャー16通貨ペア☆の証拠金比率を総約定代金の4%から2%へ
FX-naviメジャーの証拠金比率を総約定代金の2%から1%へ変更致します。

***************************



損小利大トレードなら
デイトレ&スイング必勝法! 目指せ1億円 

勝者2%の事実が知りたい
 98%の トレーダーが 知らない FXの常識10 

もう50時間パソコンつけっぱなしですけど
大丈夫みたいです・・・
posted by 雪音姉(ゆきねえ) at 12:14| Comment(3) | TrackBack(0) | 猫でもわかるFOMC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

FOMCは爆発だ〜

スワップ派には・・この知識とツールがあれば鬼に金棒です。
はやぶさ流FX!スワップ金利運用の極意とFX分析ツール

++++++++++++++++++++++++

徹夜です。いつものことですが。

いつも折り込み済みということで
大して動きのないFOMCだったのに
(なので今までFOMCのために起きていようと思ったことはなし。)

今回は下げ率が2つあってどっちかわからなかったところに
シナリオも2つあって
3:15分モニターに釘付け!

ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ。

雪音姉の好きな上昇トレンドっていうか

 暴騰!

手が4本欲しいと思うくらいにあわてて追撃ロング致しました。

やっと専業トレーダーのような気分になれましたわ。

毎日このくらい稼げればHAPPYですの。

BUTうっかり残してしまったNZDJPYのショートポジの含み損が
すごいことに。。。。
(相変わらずストップ入れてないやん)

キヨヒサさま http://han-rei.com/ のメルマガで知ったのですが
ドル円は2003年以前の27年のボラタリティはものすごく大きいです。
ここ数年はこれでもおとなしい方なのです。


サブプライムで驚いてはいけないのだ!
過去30年ドル円変動値
http://han-rei.com/fx_kiso16.html

そして
1998年と今年は似ていると言われている!
もし33円の変動があったら

もっと多くのトレーダーが逝ってしまうでしょう。

さすれば

スワップ用の口座にはよっぽど知恵か資金が必要になりますわ。
知恵ははやぶさ様から。

さすれば

ノーポジションの口座で大波が来たら乗りこなす
というヒラリー夫人式が安全ではないでしょうか。

いかにも!

つまり変動、暴騰、暴落を楽しみに待つスタイルでございます。

よくわからぬという方は雪音姉のメルマガを読めば分かりまする。

越後屋!

あとはお口直しにちゃんとした文面を読んでくださいませ。



============================
09/19 06:52 NYサマリー(18日)=株式は大幅反発

ダウ平均:13739.39+335.97、
NASDAQ:2651.66+70.00、
S&P500種:1519.78+43.13

 株式は大幅反発。

サブプライム関連投資に絡む損失が懸念される中、
リーマン・ブラザーズの決算がアナリスト予想を上回ったため
金融不安が後退したほか、
米連邦公開市場委員会(FOMC)で利下げが見込まれ買い戻しが入った。
足もと2週間のレンジ上限である1万3450ドルを越えると買いが膨らみ、
午前中に上げ幅を100ドル以上へ広げ8月9日以来の1万3500ドル乗せを示現。

FOMCを控え昼過ぎには上げ幅を100ドル以下に縮小したが、
50bpの利下げが発表されると急伸し
一時1万3739.96ドルと7月26日以来の1万3700ドル乗せを達成した。

ダウの上昇率は、2003年4月以来の高水準となっている。
NASDAQはザラ場で7月25日以来、S&Pは7月26日以来の水準まで急伸した。
個別では、アナリスト予想を上回る収益を発表したリーマン・ブラザーズが10%近い上昇率を示現。
連れて明日決算発表を控えるモルガン・スタンレーなど、金融関連が大幅高となった。
また、決算が好調だったアドビシステムズ、プロクター・アンド・ギャンブルが相場に寄与した。

提供.T&Cコズミック
=============================


玉屋〜! (狂ったか・・)

10月の第一土曜日に花火師の花火大会に行くのよ〜
ここの花火は日本一なんですって。

ぽちっと応援プリーズ♪

人気blogランキング


『FX完全攻略!トレーダーズ・クラブ!』
posted by 雪音姉(ゆきねえ) at 11:12| Comment(9) | TrackBack(0) | 猫でもわかるFOMC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

ドル金利が下がるときのシナリオ

こんな方向感のわからない相場にはスキャルが向いている。
(動画解説付)『必見!★リアルトレードガチンコ中継★ FXトレーダーSarahが実践する7つのデイトレ&スキャルテクニック』
小額でもプラスを重ねればいいんですもの。

トルコリラ運用のお手本にさせていただきます。トルコリラ専門ブログFC2 Blog Ranking2位

お互い3人の子供がありながら再婚してラブラブの
友人夫婦から留守電が何度も入るので何かと思いきや

「子猫が5匹生まれた。可愛いから見にきて。」
というものでした。

実はシロッチが行方不明でかわりに近所の野良猫が産んだ子猫4匹が

近所の団地の芝生で遊んでいるので1匹さらっちゃおうかと

毎晩モンプチをあげているのだけど

近寄ると逃げるので未遂です。

4匹は飼えないし1匹だけさらってもこんなに近くだと

母猫が迎えに来ますね。きっと。

手術はするつもりだったけどまだ生後9ヶ月なのに。
娘の早すぎる妊娠と5匹とも模様が違うことに(父親は5匹?)慄いていました。

雪音姉の好みは白地に丸い模様(三毛といえ!)いわゆる眠り猫模様ですわ。

グレー系のトラ縞(でもおなかは白い)も。

真っ黒とかは苦手です。黒猫が大好きな人もいますけれど。


さて今晩はFOMCでございます。

FOMCを意識したトレードは
いつも夜中の3時過ぎなので(最近は起きているけれど)
したことがありませんでした。

今回は0.25%の利下げ観測でもしかしたら0.5%もあり
ということで
ちょっと注目していきたいと思います。

雪音姉が描いたシナリオは

ドル売られてクロス円も連れられて円高に。


なのでショートの心構えだったのですが

人によっては

株価が上がってドル円、クロス円全面円安に

というシナリオもあるんですね。



でも0.5%なんて日本の政策金利分ですわよ。

そんなに急に下げられるものなの?

でもアメリカはやるときはやる国らしいですから。

スキャルピングをやってる限りあまり指標は考えなくてもいいのですが

大きく動く時には大きく取りたく

資金が大きければ1日のノルマもラクラクなのに。

どこかでバーッと資金倍増しなければ!

その際は

トラトラトラ でなく

何を何枚SorLして○○万円増えちゃった〜♪

と必ずやご報告いたしますので

その日が来ることを楽しみにしてくださいませ。

大きくとるには■為替侍の究極FX デイトレ&スイング必勝法! 目指せ1億円 ■超具体的に書いてあります。

他のトレーダーの予想チェック→人気blogランキング
posted by 雪音姉(ゆきねえ) at 18:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 猫でもわかるFOMC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月29日

猫でもわかるFOMC Part2

得別価格は6月30日まで
4つの特典のうちサラ様との交流会参加資格
6月30日までのご購入者さま対象です。
特典1のスキャルピングマニュアル早く欲しいです〜♪
マル秘テクを大公開FXトレーダーSarahの超シンプル♪システムトレード♪
レビュー
b02.gif
サラ様はメールフォローで激痩せしているそうです。

★6月30日遂に完全封印!★勝てるシステムトレード。

BIG BANG ◆ビックバンFX全バージョン+一般販売未定BIG BANG FX-?X+ビックバンMOVIE(動画)+くまひげセミナー録

++++++++++++++++++++++

猫でもわかるFOMC Part2


初心者の時FOMCってなんですの?と調べましたけど
今回は以前とは違った説明が出来そうなので(成長の証)
説明してみたいと思います。

FOMCって何?⇒米連邦公開市場委員会で米国の金融政策について会議すること。

目的は?⇒持続的な経済成長と物価安定リスクのバランスを維持するため金融引き締めするか緩和するか考えます。

具体的にはバーナンキ議長が舵取りして
●フェデラル・ファンド金利(FFレート)
●公定歩合(政策金利)を決めます。

注目される理由は?⇒世界の基軸通貨だから

FOMCが近づくと世間では
様子見がはじまり為替の動きが鈍くなります。

発表後に大きく動いてびっくりした経験はないのですが。
(気づかなかっただけかもしれませぬ。)

では
FOMC声明文発表前と発表後の通貨の動きを時間軸で追ってみましょう。

++++++++++++++++
今回の発表時間は06/29 03:15

06/29 01:05
FOMC声明文公表直前 為替相場は小動き
マーケット関係者からは
「文言変更のサプライズは予想していないものの、
声明文が公表されるまで動きようがない」(NY外銀筋)と嘆息。

ドル円122.99円、
ユーロドル1.3464ドル


ドル円は123円を上下する展開

03:01 ドル円123.13円
03:03 ドルじわり上昇

ドル円123.15−20円
ユーロ1.3445−50ドルへ下振れ


06/29 03:20 FOMC声明文公表後、若干ドル買いへ 
ドル円123.20−25円上振れ
ユーロドルは一時1.3441ドル
(本日安値)

+++++++++++++++++

こんな程度の動きで(といっても資金量が大きければ20銭は重要なのか・・)

雪音姉は殆ど気にすることなくFX LIFEを続けて参りました。
ただ気にする人は多く、知らないと恥ずかしいので(爆)知識としてはい入れておきましょう。

毎回そんなに変らないのですが微妙な表現の違いに
気づいて説明してくれるブログがあればありがたいですね。

追加利上げの可能性を示唆すると為替市場は円安ドル高傾向になり
株式市場(ダウ工業株及びナスダック)は売りが膨らみ下落する傾向。
なぜ株式市場が嫌がるのかは次回の課題ということで。
 
============================

[ワシントン 28日 ロイター]より

米連邦準備理事会(FRB)が、
6月27─28日の連邦公開市場委員会(FOMC)終了後に発表した
声明の全文は
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

FOMCは28日、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を5.25%に据え置くこと
を決定した。


 進行中の住宅セクターの調整にもかかわらず、
今年上半期の経済成長は緩やかなもよう。
経済は今後数四半期、緩やかなペースで拡大を続ける可能性が高い
(The economy seems likely to continue to expand at a moderate pace over coming
quarters)。

 コアインフレの指標は過去数カ月小幅改善した
(Readings on core inflation have improved modestly in recent months)。
しかしながら、インフレ圧力の持続的な鈍化は、いまだ納得できる形で示されていない
(a sustained moderation in inflation pressures has yet to be convincingly
demonstrated)。
さらに、高水準の資源(リソース)利用度は、
これらの圧力を持続させる可能性がある。

これらの状況を踏まえ、インフレが予想通り鈍化しないリスクが、
当委員会にとって引き続き主要な政策懸念となる
(the Committee's predominant policy concern remains the risk that
inflation will fail to moderate as expected)。

将来の政策調整は、今後の情報によって示唆される、
インフレおよび経済成長の双方の見通しの進展に依存することになる
(Future policy adjustments will depend on the evolution of
the outlook for both inflation and economic growth, as implied
by incoming information)。

 今回の決定に賛成票を投じたのは、バーナンキ委員長、
ガイトナー副委員長、ホーニグ、コーン、クロズナー、ミネハン、
ミシュキン、モスコウ、プール、ウォーシュの各委員。


============================

とても御利口になります。2007.5.4前回分
http://www.map.gsec.keio.ac.jp/files/gnavi/gn040508.pdf

為替のお勉強は
外国為替FXブログランキング
為替の魔術師ランキング
外国為替サイトランキング!
+++++++++++++++

メルマガ41号は
宙に浮いてる5000万人分厚生年金についてのレポートです。転職経験者は必読です。
攻撃的FXで年収1千万円GETしましょ♪ご登録はこちらから

http://www.mag2.com/m/0000202578.html

+++++++++++++++
雪音姉特典












posted by 雪音姉(ゆきねえ) at 13:25| Comment(5) | TrackBack(2) | 猫でもわかるFOMC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

FOMCの影響について

ターシャ・テューダーというアメリカで最も愛されている絵本作家のライフスタイルを写した写真集が欲しくて
出かけたのだがそこの本屋には置いてなかった。
彼女のファンは世界中にいてその人気たるや長嶋様の比ではありませぬ。(画風はピーターラビットみたい)
彼女がコーギー犬とニワトリと一緒に住む家はガーデナーの憧れの一面花だらけ広大な美しい庭があって
1年に1回見学できるらしい。
彼女の幻の初期作品「おまつりの日に」と「イースターのお話」にはかわいく動物がたくさん描かれているが
残念ながら猫は1匹も登場しない。もしかして猫が好きじゃないのかも。

変わりに何を買ったかというと

「ニャ夢ウェイ」by松尾スズキ

というわけのわからない面白さの 大人向け 猫 漫画本 です。
立ち読みして50%は読破してしまったのだけど
傑作なのでホールドすることに。

支払いは勿論、FX-REAL口座開設で貰ったVISAのギフト券で!前置きはこれくらいにして

FOMCの後何かが起きると思っていたのに
これといった変化がないので肩透かしされた感じがする。

■FOMC(連邦公開市場委員会)声明
追加利上げに含みを残す内容 利上げは全会一致で決定 
FF金利+0.25%=5.00%
現在4,75ですね。5%に上がるのは次回6/28-29 の FOMC 後でしょうか?

■米国財務省が公表した為替報告書

「世界経済は力強いが不均衡が拡大しており是正に向け責任を共有すべき」
「中国に為替の柔軟性加速を活発かつ率直に求めていく」
「中国人民元の即時変動相場制移行は求めないが、柔軟性に向けたより迅速な行動を
求める」


中国を「為替操作国」に認定しなかったことがどういう影響になるのかは
わかりませぬ。

結局ののところ

→ドルはやや反発した。
他の通貨も上がってきた。

雪音姉がわかるのはこれくらいなんで(汗;)

じゃあ今のうちにドルの買い増ししようかしらと
思っていたらソロス様が109円台いく様なことを
お書きになったので。。。

この声明で何故ドルが下がるのかしら??


★ありがとう5★★JRANKランキング★
FX人気ブログランキング


posted by 雪音姉(ゆきねえ) at 21:46| Comment(11) | TrackBack(0) | 猫でもわかるFOMC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

「猫でもわかるFOMC」

猫(あたしはどっちでもいいの
雪音姉「まあそういわずに聞いてよね♪」


「猫でもわかるFOMC」

FOMCについて今まであまりにも無関心だったので
為替をやる人として恥ずかしくない程度の知識を入れておこうと思い立ちました。
雇用統計(アメリカの経済指標)を気にしないでいたらひどい目にあって。。。
雇用統計の発表の数日前から取引が控えられ、発表後は取引量が急激に増大するというようなことも
知っておかねばいけないことでした。
口座が全てあぶない含み損の今回はやっぱり無視できません。

*************************

用語解説

●FOMC「Federal Open Market Committee」=連邦公開市場委員会
アメリカの中央銀行である米連邦準備制度理事会(FRB)が年8 回、定期的に開く米金融政策の最高意思決定会合。
短期金利の 誘導目標などを決める。FRBの議長、理事と地区連邦準備銀行 総裁らで構成し、金融危機など景気の急変時には、臨時の電話会 合を開くこともある。

*************************



米FOMCは基本的に6週間毎の火曜日に開催されます。日本における「日銀金融政策決定会合」やEUにおける「ECB政策理事会」にあたり
ベージュブック(米地区連銀景況報告)をもとに米国の金融政策を決定します。メンバー構成は、FRBの理事7名、NY連銀総裁1名、地区連銀総裁4名(各地区の持ち回り)の合計12名。
FOMCにおいて中心的な役割を担うFRB(The Federal Reserve Boardの略。米国の金融政策における最高意志決定機関。日本なら日銀、EUならECB/欧州中央銀行)
の最高責任者である「FRB議長」は、大統領の指名→上院議会の承認というプロセスを経て選任されます。
黒ハートFRBがコントロールできるのは短期利子率だけよん。

2006年1月まで18年間も在職、マーケットからの信頼も厚かったアラン・グリーンスパン氏は
90年代後半に過熱する米経済に対して、「根拠なき熱狂」と警告した言葉が有名ですが 
失恋大統領の無責任な減税実施を黙認することでFRB議長としての名声をフイに。。。

2月に就任したベン・バーナンキ議長は

ハーバード大経済学部卒業(やっぱりね〜)ひげもじゃなお顔です
共和党員。ブッシュ・ファミリーに対して個人的なしがらみはなし。恒例の有名人のお顔シリーズ第3弾
↓↓↓
バーナンキ議長
 

で、一番知りたいところの
どうなるとどうなるという点について頑張って簡単に(爆)書いてみます。

本日5・10のニューヨーク時間午後、東京時間明朝にFOMC声明と為替報告書が発表される。
FOMC声明(NY時間午後14:15、東京時間午前03:15)
利上げ・利下げの幅が市場予想とは違ったなど「サプライズ」と呼ばれるような結果だった場合には、
マーケットが大きく変動することあり。


世界中のマーケット参加者が政策金利の発表をどのように受け止めるのか
を探りたい!
どうなるってそれは。。。

もし利上げ打ち止め終了示唆をにおわせたら→ドル暴落


もし利上げすることをにおわせたら→ドル買われて114円台回復もあり?


ふっー終わり。

猫 (これだけニャの?興味ニャいけどさ。)

雪音姉「そう。まあいいじゃない。これからもFOMCがあるたびに追記するんだから。」


ありがとう5★JRANKランキング

今日は何位?FXブログランキング
 
にほんブログ村 為替ブログ
posted by 雪音姉(ゆきねえ) at 13:52| Comment(4) | TrackBack(1) | 猫でもわかるFOMC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。