ツチノコを見たときのこと: 攻撃的FXで月100万円GET!

2008年03月09日

ツチノコを見たときのこと

美容院へ行ったら顔を忘れられていた雪音姉です。

久久だったけど、途中他の店に浮気したけど
ソッチの店より遠いのに行ったのに。

もしかして2007年の成績が。。。
引き続きの最近のドル安のせいで
顔つきが変ってしまったのかもしれませぬ。
顔色が変ったことは確かですが。

でもこの頃
憂いのある面持ちになってきたような。
恐るべしFXの恐怖。


地道にスキャルで稼いでも
道は遠いのですもの。
いきなり大金を得ようとするのは
ギャンブラーのすることで投資家は無理はしないものですけど。

ところで

今日は日曜日ですから
FXは忘れてツチノコの話でも。

先日、カメルーンの農村地帯で
旦那さんが自分の腕を大蛇にかませて生け捕るという
スリリングなシーンを見ていたとき

*蛇を引き寄せるための餌もないほど貧しい農村だったから
この命がけの狩猟方法が生み出されたそうです。

「もう3ヶ月肉を食べてないんだ。」
と村の人たちは
大喜びです。

人間は肉が好きですね。肉なしでも生きていけるのに。

脱線してますので
見ていたときに戻します。

父が蛇の話をしはじめて

音もなくゆっくりと近づいてくる蛇。
カエルは気づいているのかいないのか・・

蛇に睨まれたカエルが意を決してピョーンと飛び跳ねると
時すでに遅し。
蛇が飛び掛ってカエルの足を咥えると。(頭からではなく。)

いえここで取り上げたいのは

ツチノコを見たときの話です。
場所は愛知県。約60年前の話。


==================

少年は川で魚を取っていた。

魚を浅瀬の方に寄せてから
魚を長い竹の棒をたたいて取るのだ。

川原で休んでいると
葛の蔓が生い茂る葉陰が動いたような気がした。

竹の棒で葉を持ち上げると
ツチノコだった。
あまりの不気味な姿にのけぞったが

もう一度見てみたときはもういなかった。

==================


というのが概略ですが
色は青紫×黄色で
とにかく気持ち悪い。

それ以前にツチノコを見たことがないのに
見た瞬間にツチノコだとわかったとい点。


不思議です。

そんな珍しいものに遭遇した話が本当かどうか
確認するために
絵に描いてもらいました。

それから調べてみると書かれた絵はまさにツチノコでした。
タイプが3種類あるようですが、スタンダードなタイプです。

蛇の頭に太い胴体ねずみのように細い尻尾。
このタイプね。

ツチノコ.bmp

写真とってたら100万円で売れたな。
といいましたが

生け捕りにしたら2億円出す市町村もあります。

http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/4000/suspect.html

大抵は100〜300万円くらいですが。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ツチノコの懸賞金
奈良県下北山村 ツチノコ生け捕り賞金1,000,000円
岐阜県東白川村 ツチノコ生け捕り賞金1,000,000円 平成元年以降年に10,000円ずつUP
広島県上下町 平成元年ツチノコ生け捕り賞金3,000,000円
兵庫県美方町 ツチノコ生け捕り別荘地100坪
兵庫県千種町  ツチノコ生け捕り賞金300,000,000円
和歌山県すさみ町 ツチノコ生け捕り賞金1,000,000円と副賞イノブタ1頭
西武百貨店 ツチノコ生け捕り賞金3,000,000円
学研ムー編集部 ツチノコ生け捕り賞金1,000,000円
岡山県吉井町 ツチノコ生け捕り賞金20,000,000円
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

なぜつかまえるのが難しいのでしょうか。

1、姿の不気味さに負けてしまう
2、結構強い立ち上がって威嚇する
3、逃げ足が早い


雪音姉が考えつくのはこの程度ですが

身体を深く折り曲げて(尺取虫のように)飛ぶことも出来るらしいです。
さらに身体を丸めて土手を転がることも出来ると!
面白いことにいびきをかいて寝るとか。

種類を問わず爬虫類には触れないし苦手な雪音姉は
別にツチノコが絶滅しても困らないのですが
珍しいから貴重価値ということで

もしつかまえたらスワップ資金には十分なりそうなので
ツチノコハンターというのも
夢があっていいかも。
画像を探しているうちに
捕獲マニュアルを発見しました。
幻の珍蛇「ツチノコ」を実際に2匹捕獲した、滋賀県園養寺、藤森住職の編み出した、禁断のツチノコ捕獲秘術とは!?「門外不出のツチノコ捕獲秘伝!」

アウトドアついでにツチノコ探し。活動するのが春から夏でこれからちょうどいい季節。

日曜日はくつろいで

くつろぐブログランキング










posted by 雪音姉(ゆきねえ) at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。