消費者物価指数: 攻撃的FXで月100万円GET!

2007年11月20日

消費者物価指数

システムトレードに身を任せていれば勝てることはわかりました。
利益確定の機会が少ないのは利大だからです。

(動画解説付)Sarahの超シンプル♪システムトレード♪
ルールを守って、確実に勝てる超シンプルなシステムトレードです。

****************

ダイヤ中央銀行


●FRB:0.25%の利下げ
●BOE:現状維持(5.75%)
●ECB:現状維持(4.00%)
●日銀 :現状維持(0.50%)



これを見て何思う?

別に・・・(エリカ)

何も・・・(雪音姉)

円キャリトレは続く?(一般投資家)

◆消費者物価指数:数値はこう読む:

11/16 米10月消費者物価指数の見方
米国野村証券のデビッド・レスラー主席エコノミスト

 米10月消費者物価指数(CPI)は前月比+0.3%となり、市場予想通りだった。
前月は+0.3%。ガソリンが同+1.4%と急伸したため
エネルギーが同+1.4%となり、
全体を押し上げている。またカリフォルニア州で発生した大火事の影響か、
食料品も前月の同+0.5%に続き同+0.3%と上昇していた。
前年同月比では+3.5%と、6ヶ月平均の同+3.8%に迫っている。
 米10月CPIコア指数は前月比+0.2%となり、市場予想通りだった。

前月は同+0.2%。住宅が同+0.2%と2ヶ月連続で上昇したほか
帰属家賃も同+0.2%と上昇基調を維持した。
燃料価格の上昇を受け、輸送も同+0.4%と高水準を示している。

また医療品が0.6%と3ヶ月ぶりの高水準を示したほか、
教育も同+0.4%と足もと数ヶ月のレンジを上回った。
一方で需要の低下から新車が同▲0.2%と2ヶ月連続で低下したほか、
変動の大きなホテル料金も同▲1.4%と前月の同+1.0%から大きく低下した。
前年同月比では+2.2%と前月の同+2.1%から小幅に上昇し3ヶ月ぶりの水準となったが、
6ヶ月平均の2.8%を下回っておりインフレ環境は安定的と言えそうだ。

++++++++++++++++

数字はどうでも円安になりませぬか・・・

円高はいつまで続くのか識者の予想は
→ 人気blogランキングへ
→ ブログランキングranQ


posted by 雪音姉(ゆきねえ) at 07:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 経済指標のお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しばらくは円高だろうけど、いつまでもは続かないよ〜 ・。・ノ
Posted by ・。・ at 2007年11月20日 10:13
こんばんわ

米欧日と大手銀行の損失が出揃ってきたから
この後どうなるかな。

わしはボーナス入るまでじっとしてます。
Posted by アイオ・レーン at 2007年11月20日 23:13
サンテ様

年内はでも無理よねえええ。

アイオレーン様

隠し玉みたいなのが出てこないことを
祈ってますわ。
Posted by 雪音姉 at 2007年11月21日 11:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。