ユーロに戦慄: 攻撃的FXで月100万円GET!

2008年10月22日

ユーロに戦慄

パパ、趣味は株の売買、最近はパソコンに近づかない。
ママ、激安リゾートマンションを見つけて購入。

友人夫婦の近況ですが
スキーをするので湯沢に買ったリゾートマンションは
車1台分だとのこと。温泉の大浴場もついている。

これから日本も不動産不況の嵐が吹き荒れるとのことですが
こういうタイミングで買える人が勝者なんですよね〜。

ユーロ円の下げ方は
流通量に相応しくないと思うのですが
(遠まわしな言い方ですけど)

ユーロが発足した当時のレベルまで戻すのか・・100円以下の時もあったから
131円で驚いてはいけないのかも。

ポンド、ああ、イギリスは金融をとったら
湖水地方の自然と星の王子様くらいなものよ。(でもないけど)

大英帝国、なんとか持ち直してプリーズ。
食べ物がまずいなんて悪口言わないから。

介入なさらないのは苦い思い出からかしら。

これが世に言う真綿で首を絞められるってことなのね。

あるいは
首の皮一枚・・・

何でショートしないのと聞かれたら
ショートのタイミングの時に
いつもきまって
余剰資金に恵まれないから。
(原因は・・・わかっておる。by篤姫)

反対売買しかないかも。
セントラルのやり方わからないですの〜。涙

それにしても
この状況でJPモルガンは
黒字決算、流石です。

もともと1930年の恐慌で財を成し、
得意なのね。このような相場が。
バフェツトも今、アメリカ株を買ってるって。

メルマガ79号はJPモルガンがメインデッシュですの。




posted by 雪音姉(ゆきねえ) at 02:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 気分はブルー限りなく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
EUR/USDが考えていた危険水準1.31を踏みぬいて。月足のボリバンを下向きにした可能性があります。月末終値を待つ必要がありますが月足62EMAを踏み抜いたまま終われば来月がボリバン下限を試す展開になるかも。(つまり更なる大暴落の可能性)
クロス円の下落はまだそれほどではありません。調整持合のラインを割っていないと思います。
ただ、ドル円が崩れた場合のダム決壊は大きいです。安値割れにストップ売りを置くつもり。

月末まではダマシ連発で終わると高をくくってましたが顔色失います。
Posted by がらん at 2008年10月22日 09:46
がらんさま

クロス円はもう一段下へ行くってことは
もう間違いないようですが

ドル円は基軸通貨のであるゆえに
他のペアほどは落ちないと最後の望みを託しているのでございます。
90円は割れないでしょう。(願望)

Posted by 雪音姉 at 2008年10月22日 22:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。