攻撃的FXで月100万円GET!

2009年01月26日

ストップロス自動設定機能

日曜日の午前というタイミングで
ヒロセからトレードおつカレーと大きな為替カレンダーが届きました。
カレーはご飯とお皿もついているので
何も作りたくなく、お皿も洗いたくない時に食べたいと思います。
4食分です。口座のある方はまだ間に合いますので
貰わないともったいないと思います。

ニュースでFX会社が潰れた時のリスクについて
補償されないケースが多いようなことを言ってましたが
FXのリスクを軽減するには
まず会社選びが第一ということですね。

CMが増えてきてこれからますますFX初心者人口が増え
ビギナーズラックのあとロスカットされることを思うと
(多分、歴史は繰返されるでしょう)
先輩としてアドバイスしたくなりますが

それは勿論
「ストップは入れましょう」に尽きます。

ポジションが多いと結構面倒なんですけれど。
メルマガ80号にも書きましたが
ストップロス自動設定機能がある「外為どっとコム」
は初心者向けといえましょう。会社も大きくて安心です。
1000通貨から練習できます。

=====================================================

 ●「ストップロス自動設定機能」を設定したポジションがあり、
そのポジションの為替レートがロスカットレベルに達していなくても、口座全体の維持率がお客様ご設定の「ロスカットレベル」を下回った際には、お客様のポジションの全部が強制決済されます。

 ●「ストップロス自動設定機能」によるロスカットレートは、新規注文成立レートから〔(取引保証金−ロスカット金額)÷取引数量〕分差し引いて算出されます(非対円通貨ペアでは、新規注文が約定した前営業日のニューヨーククローズ時の対円Bid取引レートも式に含みます)。

  【計算例】

   ・取引通貨ペア    米ドル円
   ・取引数量      10,000ドル
   ・取引保証金     80,000円
   ・新規注文成立レート 90.00円
   ・ロスカットレベル  30%
   ・ロスカット金額   8万×30%=24,000円


   このときの「ストップロス自動設定機能」によるロスカットレートは
   90−〔(80,000−24,000)÷10,000〕
   =84.4円と算出され
、米ドル円がこちらのレートを下回った際に
    その米ドル円のポジションに限り強制決済されます。

BY 外為どっとコムメール

=====================================================

もうすぐトレンドが転換するという期待を抱いて
損切りできない人(雪音姉のこと?!)に向いてます。

●「米ドル/円」
   (現状:4銭〜 → 2009年2月2日以降:2銭〜)なら
デイトレ、スキャル許容範囲ですね。



ユダヤ人がお金のために何をしてきたか、今何をしているか
現在の研究テーマでございます。


posted by 雪音姉(ゆきねえ) at 03:53| Comment(3) | TrackBack(0) | FX取引会社の選択基準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。