攻撃的FXで月100万円GET!

2008年11月21日

世界の中央銀行の政策金利動向

世界恐慌、ブラックマンデー、そして今回のリーマンショックは
すべて10月に始まっています。

想像するに11月はクリスマスの準備があるから。。

NYダウ約5年8カ月ぶりに8000ドルを割り込んでドルはまた
95円割れ、もう90円割れても驚きませんから
いつでも カモーン という心境です。

株価なんて90%は操作です。
業績が反映して決まっているわけじゃありません。

証券会社の営業マンは
顧客に損をさせるのが辛くなって3年以内にやめる人が
多いのでは???

ロイター発の2008年の世界の中央銀行の政策金利動向を見ていたら
面白いことに
先進国では軒並み利下げしているのに

東欧のポーランド、ハンガリー や
ロシア、ウクライナ、ルーマニア
中南米のブラジル、メキシコ、チリでは利上げしています。

G7平均では2008年1月3.40から11月で1.96にまで下がりました。
アメリカが1%、英国が3%になったことが大きいですね。

トルコは上がったり下がったり忙しく結局また上がり
16.25%と群を抜いていますが為替が50%になっているので
・・・・どうなんでしょ。

雪音姉は知らず知らずのうちに統計表の
数字を見るのが好きになっていて
面白いと思えるのが不思議で

あれだけ苦手だった損切りもショートも
当たり前のように普通のことになり
今なら損失を最小限に管理するトレードが出来るのに
大事なものがないんですの。

種〜


posted by 雪音姉(ゆきねえ) at 03:24| Comment(3) | TrackBack(0) | 株の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。