攻撃的FXで月100万円GET!

2008年04月05日

雇用統計所感

雇用統計所感

今回の雇用統計は事前データーから
ドルが売られることはほぼ確実でした。

雪音姉的には100%に近い確信がございました。
(緊急メルマガでも出してドル売りを推奨すればよかったかしら。)


4/3(木)のデーター
=====================

21:30 米 新規失業保険申請件数(3月30日の週)
   
予想:36万6000件 結果:40万7000件


=====================

失業している人が予想より多かったのだから
非農業部門の雇用統計が良いはずもなし。


そして米雇用統計が市場予想▲5.0万人です。
下げ下げになることは自明の理なのでございます。

しかしながらドル円はロングポジがあるので
AUD円をショートしました。
21:30の下げ幅はどちらも1円だったから
どっちでもいいわけです。

ポン円は昨日から金曜日に備えてショートポジを持っておりました。
含み損になっていましたがあり余る下げでございました。

205付近で追加のショートポジを取っておけないところが
小資金トレーダーの悲しさです。

雇用統計がなくても総体的にクロス円は上昇しすぎていたし
その上金曜日なのでNYタイムには下げだすことを
経験上分かっておりました。

■雇用統計結果■
===========================
04/04 21:49 米雇用統計弱く、ドル売り活発化 

米雇用統計が市場予想▲5.0万人に対し、▲8.0万人と下振れ。
これを受けドル売りが活発化し、

ドル円は一時101.60円まで下落。
クロス円も軒並み値を下げると、
ユーロ円は160.14円
ポンド円は203.50円まで下落した。

ただ、その後はドルが急激に買い戻され、
ドル円は102円前半まで値を戻すと、クロス円も反発した。
 一方、ユーロドルは一時1.5775ドルまで上振れしたものの、
ユーロ円の下落とドル反発の動きを受けるかたちで、
1.57ドルを挟んで上下する動き。

資料by『M2J』

============================

そしてこの時雪音姉は何をしたかといいますと

ポン円ショートを買い戻してから
激しい上昇に乗るべく
ロングポジションを成り行きでとり
すぐに指値で売りました。

ドル円に比べて若干動きが遅れていましたので
まるで未来が見えているかのような感じでした。

ロングポジを持っているNZD円も
同様に下で拾って即売りました。


下げた分きっちり戻ったのは
ドル円、カナダ円、NDZ円、EUR円、CHF円、USDCHF、EURUSD(逆)

きっちり戻らなかったのは
ポン円、AUD円でした



雇用統計のとき使うのはセントラル短資FXです。
サーバーが強く、望んだところで成り行き売買が出来ます。

ビッグイベントの時成り行き売買が出来ない会社が多い中で
激しく動いていても
はじかれずポジションが取れるという点でGOODです。
スワップが高いことで長期用スワップ口座に使う方が多いですけれど。

もし資金があれば

ユーロドルを買っておく、クロス円のショートポジを持っておく
ドルスイスを売っておく
いつもより枚数を増やすなどして

倍増計画ができますね。

小資金ですとせっかくの相関の知識もツールも
活かせないことが悲しい・・・

資金があって資金を働かせないのはもったいないことです。

FX商材が何百と出てきていますが(ブームはいつ終わるのかしら)
何かひとつだけ選んでといわれたら今もこれです。

はやぶさ流FX!スワップ金利運用の極意とFX分析ツール

他のトレーダーはどんな対応をしたのでしょう? 
FC2 Blog Ranking



土日は不労所得について考えます。。。

頭金「ゼロ」でできる、『光速』収益不動産投資成功法


posted by 雪音姉(ゆきねえ) at 09:44| Comment(5) | TrackBack(0) | 経済指標のお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。