攻撃的FXで月100万円GET!

2008年03月04日

米ISM非製造業景況指数とは

日経平均は+10銭高の1万2992円で大引けしました。
2005年1月に1万1000円台だったとき
ドル円は101円台を付けたので
この頃はやけに日経平均が気になるのでございます。

雪音姉の幸せはドル円が118円まで回復しないと訪れないので
ずっと先のような・・・

遠い目をして・・・

黄砂が飛んでないかチェック!

目をつぶっているうちに為替証拠金ブログランキングは

投資ランキング倶楽部
に変っていて・・2位のブログはアドセンスだらけですね。


先ほど豪ドルが0.25%の利上げをして7.25%になりました。

それなのに豪ドル円は下げましたね。

それはいかに?なにゆえか?

1、政策金利を25bp引き上げは市場予想通りだから。
2、豪州準備銀行(RBA)声明文の中で次回の追加利上げには言及しなかったから。



ということらしいです。
つまり「インフレ率は引き続き高水準で推移する見通し」と示唆するならば
次回の利上げを匂わせないと市場は買いに走らないということ?
というより
豪ドルは売られてしまった・・・
豪ドル/ドルは一時0.9300ドルまで安値を更新。

ポンスイやドルスイスの下落も目を見張ってしまいます。
どこまでいくの〜

と声をかけても返事はございません。

それにしても
猫並みの基礎知識はあると思っていたものの
応用力がないと役に立ちません。

ぼんやりしててもだめです。

昨日というか今朝0時激しく上昇したチャンスに乗れませんでした。

というのも
0時なので3日のイベントの中に入っていなかったから
失念していたのです。
これです。
翌00:00 米 ISM製造業景況指数(2月) 結果:48.3(予想:48.0)

予想より結果がよかったのでドル円でいうと
102.90から103.50まで上昇しました。


事前に読んでいたのに頭には入っていませんでした。
もう少し指標に敏感に対応しないと敏腕トレーダーになれませんわ。

**********************

米 ISM非製造業景況指数 とは

 米国供給管理協会が発表する景気転換の先行指数。
非製造業部門はCPIとの関連性も高いため、
インフレ圧力にも影響を及ぼす指標とされています。

一方、景気の大部分を占める非製造業に関する指数ですが、
この指数は循環的且つ予測しやすいため、
市場への影響はそれほど大きくないとも言われています。

**********************


すぐ忘れそうです。
*CPI(Consumer Price Index)消費者物価指数。


posted by 雪音姉(ゆきねえ) at 17:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 経済指標のお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。