攻撃的FXで月100万円GET!

2008年02月01日

◆中欧見聞録 1カ国目ドイツ◆

◆中欧見聞録 1カ国目ドイツ◆

EUのトップシーズンは夏ですが雪音姉はいつも冬に行きます。

夏は料金が倍ですがホテルのランクは変らないか、混んでいる分冬より
落ちる場合もあるのです。

今回は世界遺産指定都市ベルリンから5カ国めぐるのですが国土が日本より
狭いところが多く、トルコ旅行よりも移動距離はぐっと少ないです。
(チェコは九州の1.3倍ほどしかありません。)

10時間の飛行から開放されたとミュンヘンの空港でカルチャーショック
両替所の右隣のウインドーにとてもセクシーな下着がディスプレイされていて
よくみると小道具まで。大人のお店が堂々と空港に!?

ツアーディレクター(添乗員)H氏によれば、
スラブ系の方は精力的でお好きなのだそうです。
ドイツ人はゲルマン系じゃなかったかしら?

子供にあれなあに?って聞かれたら
どうするのかしら。こんなものを子供に見せていいのかしら。と
顔を輝かせて問いかけるルミネをスルー。

世界中で一番海外旅行をするのはドイツ人と聞きました。
ちょっと車で走れば国境越えられるし〜〜。
北はデンマーク、東はポーランド、チェコ、
南はオーストリア、スイス、
西はフランス、ルクセンブルク、ベルギー、オランダと実に9カ国と国境を接している
こととEU加盟国の中ではダントツにお金持ち♪(経済大国です。GDP世界3位。)

パスポート所有率10%の日本も島国という地理的な悪条件を抱えつつも
少ない方ではありません。(GDP2位)
ツアーに来ているメンバーを見る限り60代夫婦のハッピィリタイア組が
リピーターとなって旅行業界を支えているようです。

ベルリンへ行くにはミュンヘンからまた1時間乗ります。
これは格安ツアーだから乗り継ぎというわけではなく
成田からの直行便があるのは

ドイツ銀行本店所在地の金融の街フランクフルト
昔から商業が盛んなミュンヘンだけなのです。

どちらもルフトハンザドイツ航空のハブ空港( 各地に放射状に伸びた航空路線網の中心として機能)
になっています。
航空会社としてはベルリンが首都でエコノミーツアーの観光客が押し寄せても
ビジネスクラスやファーストクラスの席が埋まることの方が大切なのでしょう。
ちなみにファーストクラスの席には赤いバラが一輪づつ刺してありました。
どんなサービスがあろうと3〜4回分のツアー代金相当は払えません。

ドイツ人は勤勉で清潔で合理的で優秀で豊かで
ナチスの暗い歴史さえなければ
どんなに良かったかと思いますが
こればかりは決して消えない傷です。

ヒトラー時代の記憶に残るような建物は全て取り壊され
ヒトラーが自殺した防空壕も今はなく忘れようとしているみたいですが
残念!
こればかりは絶対に語り継がれていく負の遺産でございます。
ゲシュタポ(秘密警察)が使用していた建物の地下室(壊すのをうっかり忘れた)
が公開されていました。
ここに捉えられた反ナチス主義者は拷問を受け口を割ったら・・・

出るときは死体でございます。


彼にも功績と呼べるものはあり例えば
アウトバーンの建設。広く長くどこまでも見事に平らでした。
いざというときの飛行機の離着陸に利用しようとしただけありました。
3車線あるところの内側は200キロくらい出しているような
車も。(時速制限がないというのは本当らしい)
以前から有料化の話が出ていますが実現は難しいようです。

ドイツに関して雪音姉が特に感心したのは
今後30年以内に原子力発電の全撤廃を決めていることで
あちこちに風力発電の白い菱形を細く延ばしたようなプロペラが回っていましたが
これには2つの欠点があり

1.音がうるさい
2.少なくない数の渡り鳥がぶつかって死んでしまう


設置場所を十分に選ぶ必要があります。

又ゴミ問題として
ホテルのシャンプー&コンディショナーなどは詰め替え式でかつ
ボディもヘアーもハンドもみんなひとつの洗剤でいけるという
万能型です。
ボトルが逆さまにセットされていてなくなったらルームサービスが補充します。

洗面台は実にシンプルです。歯ブラシもおいていません。
あるのはガラスのコップ、ティシュ、タオル類とドライヤーのみ。
賛同します。1回使うだけのために石油を無駄使いすることないですもの。
2.3回手を洗った小さな石鹸が捨てられることが気がかりだったので。

日本のホテルは出来ないでしょう。
サービスが悪いと感じない人が増えるまであと何年かかるのか。
使い捨て文化のアメリカの属国として??
アメニティーの充実したホテルに宿泊する喜びも確かにありますし。
爪磨きやコットン、綿棒、クシ、いろいろあればあるほど
高級ホテルに泊まった甲斐があるような気はしますけど。

ドイツではビンなどもサイズを一定にして
リサイクルしやすくなっていると
TVで見ましたが

無駄なことは避けて自然を守るという意識が
広く国民に行き渡っているような感じです。

p。s。
ドイツ国内で迷子になったとき
路面電車が走っている方が旧東ドイツ地区です。西は車産業を優先して廃止しました。ベンツの国でございます。

続きはメルマガ66号にて



posted by 雪音姉(ゆきねえ) at 09:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 中欧見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モノライン

日本に帰ってくると、
マンションの駐輪場から自転車が消えていました。住民しか出入りしないとはいえ一番入り口に近く端なので出し入れしやすい!
鍵をかけないで置いておいた雪音姉が甘かったのでございます。

ハンドの宮崎君が泣いていました。彼が可愛いから人気が出たのでしょ?

スポーツは滅多に奇跡は起きないのよ。実力の差はあるのよ。

殺人餃子のニュースで持ちきりです。
キャベツは消毒しないと葉が穴だらけになる野菜とはいえ
火を通しても消えない強い毒性とは!
中国人は衛生の、アメリカ人は栄養素の授業がないんでしょうか。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

本日(1月31日)は、モノライン動向から目が離せない状況となりそうです。
更に各国の株式動向に注意が必要と言えます。

=========================

マネスクを読んでいたらまた意味不明な言葉がっ!

●モノラインとは・・・

金融保証業務を専門とする企業で、
複数の保険を扱う一般の保険会社を「マルチライン」と呼ぶのに対し、
金融債務のみを対象にするので「単一の(=mono)事業(=line)モノライン」と呼ばれます。


自動車ローン、住宅貸し付けなど、各分野にモノライン業者が存在しますが
ここでは、アメリカクレジット・カード業界におけるモノラインを指すものと思われます。

もっと深く知りたい人はこちらをどうぞ。ちょっと古いですが

アメリカ・モノラインの興亡
http://www.jri.co.jp/thinktank/research/category/financial/2003/07.pdf

1月31日FOMC(米連邦公開市場委員会)はリセッション(景気後退)回避を重視し、
フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0.5ポイント引き下げ、またしても金融市場の求めに応じた。
わずか8日前の0.75ポイントの利下げに続くものでFF金利の誘導目標は3%と、
利下げ局面が始まった昨年9月の5.25%を大きく下回る水準となった。

====================
FOMC声明

「この日の措置はこれまでの措置と合わせ、
景気が時間をかけて緩やかに成長するのを助け、
経済活動へのリスク緩和に貢献する。しかしながら、
経済成長には下振れリスクが残っている」

====================


モノライン使用例文:マネスクより

1月31日 NY時間は、円が軟調。米新規失業保険申請件数を受け対ドルを中心に円高が進行したが、
モノライン大手MBIAが格付け引き下げに否定的な見通しを示したほか、
CNBCがモノライン救済案が具体化する可能性について報じ、円売りが優勢となった。

午後にかけては米1月雇用統計を翌2月1日に控えるため、
ダウが昨日の下落を完全に相殺し1万2700ドル乗せを達成した局面でも、
小動きに終始した。
引け際に投資格付け会社S&PがモノラインのFGICの格付けをトリプルAから
ダブルAに引き下げたが、午後のレンジを超えることはなかった。
posted by 雪音姉(ゆきねえ) at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済指標のお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。